東大記憶法 吉永賢一 【90日で記憶マスターに!】

 

【東大記憶法】遠隔セミナーを受講すると・・・


記憶に対する恐れがなくなります。

「私に覚えられないものはない!」

まさに、そんな気分になるんです。


東大記憶法の詳細はこちら


【東大記憶法】はインターネットを利用した記憶法の遠隔セミナーです。指導するのは、教え方がわかりやすいことで有名な、プロ家庭教師の吉永賢一先生。


このセミナーは、標準90日間で終了するようになっています。受講し終った時、記憶することに関する一切の不安や恐れはなくなっているでしょう。


実際、「10個のリストを覚えるのも辛かったのが、300個のリストを簡単に覚えられそうだと感じるようになった」といった類の感想が多く寄せられています。




★ 【東大記憶法】は他の記憶術と何が違うのか?


一言で言ってしまえば、記憶術に頼らないということです。


記憶術というのは覚えるためのテクニックです。しかし、人間には本来備わっている記憶力があります。


その記憶力とテクニックとしての記憶術を適切に使い分けていこう、というのが【東大記憶法】の考え方なのです。


つまり、『記憶法 = 記憶力 + 記憶術』ということです。




★ それで、どういうメリットがあるのか?


それは、応用力がついて、難しい試験問題も解けるようになるということです。


世の中にある一般の記憶術は、記憶するためのテクニックを教えるだけです。何でもかんでもテクニックで記憶しようとします。


しかし、そんなのでは今どきの高度な入試や資格試験に対応できないんですね。覚えたことをそのまま答えれば済むような問題なんか、あまり出ないからです。


吉永先生が考える記憶力とは、


● 意識を集中して覚える能力
● 内容を理解して覚える能力


の2つです。これらは、記憶するだけでなく、応用力をつけるためにも重要なことなのです。


ところが、他の記憶術の教材では、ここの部分は触れないか、もしくは軽く述べるにとどまっています。


しかし、「意識を集中して覚える」「内容を理解して覚える」という事をしっかりやってこそ、頭のなかに体系化された知識がストックされ、応用問題を解けるようになるのです。




★ でも、記憶力には自信がないという人は?


それは心配に及びません。特別なトレーニングを受けた人以外は、“のびしろ”が意外と大きいからです。あなたの記憶力は、あなたが思っているほど貧弱ではない、ということです。


年齢的な問題も気にする必要はありません。下は12歳から上は59歳までの方々が【東大記憶法】で成果を出しています。




★ 実践する上での不安点は?


この音声講座は110時間の総学習時間を想定しています。けっこうボリュームが多い点は不安要素かもしれません。


しかし、誰にでもわかるように噛み砕いて解説しているため、このような長さになっているのです。公式サイトでサンプル音声を聴いてみればわかりますが、思った以上にスイスイ進められるはずです。


また、1ヶ月もすれば効果がわかるので、モチベーションも高まります。やはり、結果が見えるものは続けられますよね。



東大記憶法の詳細はこちら




吉永賢一先生の【東大記憶法】の効果、感想、口コミなどの情報を公開しています。東大記憶法の遠隔セミナーを実践すれば、記憶に関して絶対的な自信を持つことが出来るようになります。




ドクターブレイン:5倍速勉強法 吉岡節夫 レビュー


【勉強の説明書】 中村タケシ 効果