東大記憶法 吉永賢一 【90日で記憶マスターに!】TOP > 東大記憶法 その他 > 記憶法を受験勉強に利用するときの視点

記憶法を受験勉強に利用するときの視点

 

記憶法は受験勉強に役立ちます。

ただし、そのための「視点」も必要です。


記憶法に長けている人は、平均的な一般人と比べて間違いなく受験に有利です。
勉強の大きな要素である「記憶作業」の効率が断然高いからです。


しかし、気を付けなければならない点もあります。


難易度が高い多くの試験では、たくさんの知識を持っているだけでは正解できない問題が多いという点です。それらの知識を的確に組み合わせたり、応用する「知識の運用力」が必要なのです。


「知識の運用力」は、実際に知識を使う経験をとおして獲得されるものです。
はっきり言って、その獲得には時間がかかります。


だったら記憶力がすごくてもダメじゃん!
という事にはなりません。


知識があるだけではダメだとしても、大量の知識が必要であることには変わりがないからです。受験勉強で多くの事を覚えなければならない事は確実なのです。


その記憶作業を、記憶法によって短期間で終わらせれば、「知識の運用力」の獲得に十分な時間を使うことができます。当然、受験勉強を有利に進められるでしょう。


記憶法を受験勉強に使う際には、応用力養成に集中するため基本知識の記憶を短時間で済ませるために活用する、という視点が大事です。


 

東大記憶法 その他記事一覧

吉永賢一先生とは?

吉永賢一先生とは、偏差値93、東大理V合格のプロ家庭教師です。大学在学中より、教え方のわかりやすさが評判となり、医学(東大理Vは医学部コース)を捨てて勉...

記憶法を受験勉強に利用するときの視点

記憶法は受験勉強に役立ちます。ただし、そのための「視点」も必要です。記憶法に長けている人は、平均的な一般人と比べて間違いなく受験に有利です。勉強の大きな要素...

勉強関係リンク

ドクターブレイン5倍速以上は当たり前?効果が早く感じられる速読法と勉強法。【勉強の説明書】 中村タケシ 効果世に中のある、ありとあらゆる勉強法を分析した結果は・...